被害をもたらす

ねずみが媒介した病気と言えば、過去ヨーロッパで流行したペストが有名です。一方それだけではなく、ねずみは私達人間にとって身近な病気を広める事がある害獣なのです。例えば良く耳にする食中毒の原因であるサルモネラ菌を保有している事もあります。 ねずみは古くから人間に害をなす動物として知られており、なかでも農作物に悪さをする事で困らされてきました。 例え細菌やウイルスをもたらさないとしても、人間が生活する上で欠かせない食べ物や建材に被害をもたらしますので、必ず対策を講じるようにしましょう。 特に住宅に棲みついた場合、死骸は住人にとって耐えられないほどの悪臭を生み出します。効率的な対策をとって退治してくれる業者を探すようにしましょう。

近年のねずみ対策は、大きく分けて「捕獲」と「駆除」に分けられます。捕獲は罠を使用してねずみを捕まえ、処分業者に引き渡す方法です。こうした方法は、家に発生するねずみが少数である場合に効果的な対策方法です。 一方駆除には良く毒餌が利用されます。毒餌とは害獣が食べる食品の中に毒を混ぜ、駆逐する方法です。ねずみは巣に餌を持ち帰る事が知られていますので、これにより効率的に多くのねずみを駆除する事が可能です。 毒餌は家にねずみが巣を作っていたり、大量発生している場合特に効果的な駆除方法なのです。 専門業者に対策を依頼する場合、まず駆除方法を聞く事が大切です。それにより費用も変わりますので、見積もりの段階で確認しておくようにしましょう。